スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の記事

サトエリ今度は超ミニ“芸者ガール風”ドレスで悩殺!

【第60回カンヌ国際映画祭】サトエリ今度は超ミニ“芸者ガール風”ドレスで悩殺! 主演映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で第60回カンヌ国際映画祭に参加している女優・佐藤江梨子が、現地時間22日、映画祭名物のレッドカーペットに登場し、芸者ガール風ファッションで、カンヌっ子たちのド肝を抜いた。

 この日は、新人監督に贈られる「カメラ・ドール」の対象監督がそろってレッドカーペットを上がる、毎年恒例のイベント。残念ながら、同じく対象となって いる『大日本人』の松本人志監督はスケジュールの都合で一足早く、日本へ戻ってしまったが、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が参加する ことに。佐藤江梨子は吉田監督の”付き添い”としてやってきたのだが、当然の事ながら、スタイル抜群のボディを強調した和風の超ミニドレスに身をまとった佐藤江梨子に カメラマンたちのレンズが集中。「インパクトを与えたい」という佐藤江梨子の野望が、見事に叶えられた瞬間だった。

 佐藤江梨子は「すごい緊張しました。思っていた以上にカメラマンの声がすごくて、あっちからも、こっちからも、『こっちむいて!』みたいなことを言われてビックリです」と興奮気味に語った。

5月24日16時17分配信 シネマトゥデイ
スポンサーサイト

他の記事

≪ お尻が見えちゃう!大胆すぎる背中の露出に歌姫エルバが困惑ホーム石井めぐるさんがゲーム内イベントに参加――「メイプルストーリー」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。